医療費控除

医療費控除

医療費控除

保険適用となる矯正歯科治療もありますが、ケースがかぎられます。ほとんどの場合、保険外診療 になりますので、患者さまに費用を全額負担していただかなければなりません。ただし、条件を満たせば医療費控除の対象になります。 こちらでは医療費の一部が還付される制度についてご説明します。さらに詳しくは横浜市旭区鶴ヶ峰本町の「くろかわ矯正歯科」にご相談ください。

医療費控除について

医療費控除とは?

ご本人を含めた家計をひとつにする家族が1年間に支払った医療費の合計が10万円以上の場合に確定申告の手続きによって一定金額の所得控除が受けられる制度です。医療費控除の申請の際には、医療機関から受け取った領収書や通院の際にかかった経費の領収書が必要ですので大切に保管しましょう。

控除金額について

控除される金額については、下記の計算方法になります。

控除金額について

医療費控除の対象となる医療費

  • 医療機関に支払った診療費、治療費
  • 治療のために購入した医薬品の費用
  • 通院や入院をするために使った交通費(電車、バス、タクシーなど)
  • あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師による治療にかかった施術費
  • その他

還付を受けるために必要なもの

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 領収書(コピー不可)
  • 印鑑、銀行等の通帳

※確定(還付)申告書は各自治体の税務署で入手できます
※申告期間は翌年の2月16日~3月15日の間です。