小児矯正Q&A

子どもの矯正歯科治療についてのご質問にお答えします

子どもの矯正歯科治療についてのご質問にお答えします

お子さまの歯並びに気になることはありませんか? こちらでは小児矯正治療についてさまざまな疑問・質問にお答えします。 まずはお気軽に横浜市旭区鶴ヶ峰本町の「くろかわ矯正歯科」の無料カウンセリングにお越しください。日本矯正歯科学会認定医が、さまざまなご質問に丁寧に分かりやすくお答えします。こちらでは小児矯正についてよくあるご質問にQ&A形式でお答えします。

治療期間について
Q治療は何歳から始めるのですか?
Aお口の状態により開始時期は異なりますが、上の前歯2本と下の前歯2本、また奥歯が永久歯に生え替わったころが矯正治療開始の目安です。7歳前後です。
Q治療期間はどれくらいですか?
A永久歯が生えそろうまでが小児矯正の期間です。永久歯列が完成するのは10~14歳くらいです。
治療について
Q小児矯正で歯並びは整いますか?
A小児矯正では顎の健やかな成長を促し、バランスを整え、顎を拡げます。歯並びが整う土台づくりの段階です。ある程度はきれいになりますが、歯並びや咬み合わせをきちんと治す場合は大人の矯正に移行する場合があります。
Q抜歯をしないですみますか?
A顎の成長を促すことで、可能な限り抜歯をするリスクを抑えることが出来るのが、小児矯正のメリットです。しかしお口の状態によっては、小児矯正を行っても抜歯が必要になる場合もあります。
Q顎を拡げると顔つきが変わりませんか?
A人相が変わってしまうほど顎を拡げるわけではありませんので、ご安心ください。
治療費用
Q費用はどのくらいかかりますか?
A当院では、治療費総額を最初にお伝えしております。装置の紛失、故意な破損以外、追加料金はありません。
Q小児矯正期間中に使用する装置が替わったときには追加料金がかかりますか?
A一切かかりません。しかし、装置を壊してしまったり、失くしてしまった場合のみ再製作費として一万円前後の費用をいただいております。
痛みについて
Q痛くありませんか?
A成長過程の子どもの骨はやわらかいので矯正治療では痛みはほとんどありません。装置を装着して2~3日は違和感があるくらいです。
Q小児矯正に必要な装置は拡大床だけですか?
A使用する治療器具はお口の状態によって異なります。また治療時期によっても異なります。ただ装置の種類や数が増えても、当院では追加料金は一切ありません。