あなたの歯並びはどれ?

こんな歯並びにお悩みではありませんか?

こんな歯並びにお悩みではありませんか?

あなたはどんな歯並びをしていますか?口元や歯並びが気になっていませんか? 見た目だけでなく全身の健康のためにも矯正歯科治療で整えることが望ましい歯並びがあります。下記のさまざまな歯並びとくらべてみてください。ご自分やお子さまの歯並びと似ているものがありましたら、横浜市旭区鶴ヶ峰本町の「くろかわ矯正歯科」にお気軽にご相談ください。初めてのカウンセリングは、無料で承っています。

歯がでこぼこに並んでいる
主訴
歯がガタガタしている
診断名
叢生
診断時年齢/性別
20歳/女性
装置
マルチブラケット
抜歯の有無・部位
抜歯(上下顎左右4番)
治療期間
2年
治療費用の目安
750,000円

リスク・副作用など

  • 装置がお口に入ると歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病のリスクが伴います。
    ご本人での歯ブラシをしっかりと行っていただく必要性があります。
  • 矯正治療により歯根吸収や歯肉退縮が生じる場合があります。
  • 治療中は装置が外れたり、ワイヤーが出てきたりする場合がありますので、その場合にはお早めにご連絡ください。
  • 矯正治療後、後戻り(移動した歯は元の位置に戻ろうとする)を防止するために、
    治療終了後に保定装置を一定期間装着する必要があります。
  • 歯がでこぼこに並んでいる 歯がでこぼこに並んでいる
「受け口」で下の顎が前に出ている
主訴
前歯が反対
診断名
下顎前突
診断時年齢/性別
11歳/女性
装置
マルチブラケット
抜歯の有無・部位
非抜歯
治療期間
1年6カ月
治療費用の目安
750,000円

リスク・副作用など

  • 装置がお口に入ると歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病のリスクが伴います。
    ご本人での歯ブラシをしっかりと行っていただく必要性があります。
  • 矯正治療により歯根吸収や歯肉退縮が生じる場合があります。
  • 治療中は装置が外れたり、ワイヤーが出てきたりする場合がありますので、その場合にはお早めにご連絡ください。
  • 矯正治療後、後戻り(移動した歯は元の位置に戻ろうとする)を防止するために、
    治療終了後に保定装置を一定期間装着する必要があります。
  • 「受け口」で下の顎が前に出ている 「受け口」で下の顎が前に出ている
上の歯が出ていて気になる
主訴
出っ歯が気になる
診断名
上顎前突
診断時年齢/性別
25歳/女性
装置
マルチブラケット
抜歯の有無・部位
抜歯(上顎左右4番)
治療期間
2年3カ月
治療費用の目安
750,000円

リスク・副作用など

  • 装置がお口に入ると歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病のリスクが伴います。
    ご本人での歯ブラシをしっかりと行っていただく必要性があります。
  • 矯正治療により歯根吸収や歯肉退縮が生じる場合があります。
  • 治療中は装置が外れたり、ワイヤーが出てきたりする場合がありますので、その場合にはお早めにご連絡ください。
  • 矯正治療後、後戻り(移動した歯は元の位置に戻ろうとする)を防止するために、
    治療終了後に保定装置を一定期間装着する必要があります。
  • 上の歯が出ていて気になる 上の歯が出ていて気になる
咬み合わせが深い気がする
主訴
ガタガタが気になる。下の歯が見えない
診断名
叢生を伴う過蓋咬合
診断時年齢/性別
21歳/女性
装置
マルチブラケット
抜歯の有無・部位
抜歯(上顎左右4番)
治療期間
2年1カ月
治療費用の目安
750,000円

リスク・副作用など

  • 装置がお口に入ると歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病のリスクが伴います。
    ご本人での歯ブラシをしっかりと行っていただく必要性があります。
  • 矯正治療により歯根吸収や歯肉退縮が生じる場合があります。
  • 治療中は装置が外れたり、ワイヤーが出てきたりする場合がありますので、その場合にはお早めにご連絡ください。
  • 矯正治療後、後戻り(移動した歯は元の位置に戻ろうとする)を防止するために、
    治療終了後に保定装置を一定期間装着する必要があります。
  • 咬み合わせが深い気がする 咬み合わせが深い気がする
上下の前歯が咬み合わない
主訴
前歯でものが噛めない
診断名
開咬
診断時年齢/性別
22歳/女性
装置
マルチブラケット
抜歯の有無・部位
抜歯(上顎左右4番)
治療期間
2年2カ月
治療費用の目安
750,000円

リスク・副作用など

  • 装置がお口に入ると歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病のリスクが伴います。
    ご本人での歯ブラシをしっかりと行っていただく必要性があります。
  • 矯正治療により歯根吸収や歯肉退縮が生じる場合があります。
  • 治療中は装置が外れたり、ワイヤーが出てきたりする場合がありますので、その場合にはお早めにご連絡ください。
  • 矯正治療後、後戻り(移動した歯は元の位置に戻ろうとする)を防止するために、
    治療終了後に保定装置を一定期間装着する必要があります。
  • 上下の前歯が咬み合わない 上下の前歯が咬み合わない

矯正治療に伴う「リスク・副作用」について

  • 治療の仕上がりには個人差がございます。
  • 装置がお口に入ると歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病のリスクが伴います。ご本人での歯ブラシをしっかりと行っていただく必要性があります。
  • 矯正治療により歯根吸収や歯肉退縮が生じる場合があります。
  • 治療中は装置が外れたり、ワイヤーが出てきたりする場合がありますので、その場合にはお早めにご連絡ください。
  • 矯正治療後、後戻り(移動した歯は元の位置に戻ろうとする)を防止するために、治療終了後に保定装置を一定期間装着する必要があります。