あなたの歯並びはどれ?

こんな歯並びにお悩みではありませんか?

こんな歯並びにお悩みではありませんか?

あなたはどんな歯並びをしていますか?口元や歯並びが気になっていませんか? 見た目だけでなく全身の健康のためにも矯正歯科治療で整えることが望ましい歯並びがあります。下記のさまざまな歯並びとくらべてみてください。ご自分やお子さまの歯並びと似ているものがありましたら、横浜市旭区鶴ヶ峰本町の「くろかわ矯正歯科」にお気軽にご相談ください。初めてのカウンセリングは、無料で承っています。

歯がでこぼこに並んでいる
  • 歯列が凸凹している
  • 歯に食べカスが残りやすい
  • 八重歯になってしまっている
  • 笑った時に犬歯が唇にひっかかる

歯がでこぼこに並び、食べかすがたまりやすかったり、八重歯だったり、笑ったときに唇が歯に引っかかり閉じないことがあります。「叢生(そうせい)」「乱杭歯(らんくいば)」などともいいます。汚れが残りやすいので虫歯や歯周病のリスクが高めなので注意が必要です。

  • 歯がでこぼこに並んでいる 歯がでこぼこに並んでいる
「受け口」で下の顎が前に出ている
  • 口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
  • 顎(あご)がしゃくれている
  • 下顎が発達しすぎている
  • 上手く咀嚼ができない
  • 言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

通常、上の歯は下の歯の外側にありますが、下の歯が外側にあるので「反対咬合」といいます。顎がしゃくれて見えることがあり、うまく咀嚼(そしゃく)できなかったり、発音が不明瞭になったりしやすい歯並びです。

  • 「受け口」で下の顎が前に出ている 「受け口」で下の顎が前に出ている
上の歯が出ていて気になる
  • 上の前歯が下の前歯よりも、極端に前に突き出ている
  • 上唇が上ったままで、口を閉じにくい
  • 無理して口を閉じると、顎(あご)にしわができる

いわゆる「出っ歯」です。「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。目立つだけでなく、唇が閉じにくいので口呼吸になりがちです。すると口腔内が乾燥するので歯周炎や扁桃腺炎などの症状を起こしやすくなります。

  • 上の歯が出ていて気になる 上の歯が出ていて気になる
咬み合わせが深い気がする
  • 噛み合わせると前歯が深く被さり、上の歯が下の歯を隠してしまう

咬み合わせたときに下の歯が見えないくらい上の歯が覆い被さっている状態です。「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」ともいいます。下の歯が上の歯の内側の歯肉に当たり炎症を起こすことがあり、笑ったときに歯肉が見えすぎて目立つこともあります。

  • 咬み合わせが深い気がする 咬み合わせが深い気がする
上下の前歯が咬み合わない
  • 口を閉じても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
  • 舌を前方に突き出す癖がある

奥歯を咬んでも前歯が咬み合わない状態で「開咬(かいこう)/オープンバイト」といいます。通常の前歯は上下で「はさみ」のように食べ物を咬み切りますが、開咬の場合、前歯でうまく食べ物を咬み切れないことがあります。発音も不明瞭になりがちです。

  • 上下の前歯が咬み合わない 上下の前歯が咬み合わない