小児矯正

~小児矯正~子どもの矯正歯科治療について~

~小児矯正~子どもの矯正歯科治療について~

歯並びが乱れる原因のひとつは、歯が並ぶスペースが足りないことです。特に現代のお子さんは歯が大きく顎が小さくなっている傾向があります。しかし、子どものうちは顎の成長があり、その成長を促進してあげることで、永久歯のスペースを作る事ができます。小児矯正で健やかな顎の成長を促しバランスを整えれば第2期矯正(大人のワイヤー矯正)を回避できる可能性があります。お子さんの歯並びで何かお気づきの点がございましたら、ぜひ横浜市旭区鶴ヶ峰本町の「くろかわ矯正歯科」にご相談ください。

子どもの頃から矯正治療を始めるメリット

歯列矯正は何歳からでも始められますが、こちらでは子どものメリットをお伝えします。

将来的に永久歯を抜かずに矯正できる可能性が

歯が正しく生えるスペースがない場合は、永久歯の抜歯も検討せざるを得ません。しかし早期に治療を始めれば、奥歯を移動させたり、顎の成長を促して広げたりすることでスペースを確保できるのです。本格的に矯正治療をするときに、歯を抜かずに済む可能性が高まります。

顎のバランスが整い、美しいフェイスラインに

顎が成長する力を利用して歯並びや悪癖を改善していくので、歯並びだけでなく顎やフェイスラインのバランスを整えることができます。これは、子ども時代にしかできない大きなメリットです。将来、外科手術をしなければならないようなリスクも回避できます。

お口まわりの筋肉や舌を正しく使えるように

いつもお口がポカーンと開いていたり、指しゃぶり、舌の置き場所など歯並びを乱すお口を巡る悪癖はたくさんあります。これらは、いずれ発音や咀嚼(そしゃく)などにも大きな影響を与えることになります。子どもの頃からお口まわりの筋肉や舌の動きをコントロールして美しい口元を目指しましょう。

永久歯になってからの本格的な矯正が短期間ですむ

早期に治療を始めることで、以上のような相乗効果により永久歯が生え揃ってからの本格的な矯正が簡単かつ短期間で済むようになります。

子どもの矯正を始めるタイミングとは?

子どもの矯正治療は歯や顎が成長する力を利用するため、早ければ早いほどいいと聞いたことがあるかもしれませんが、お子さんによっても成長のスピードが違うため、最適なタイミングも一人ひとり設定されます。一般的には7~8歳の上下前歯が4本ずつ生え変わった頃がよいとされていますが、実際には詳しい診断によって治療開始時期が決まりますので、ぜひ一度ご相談ください。

子どもの歯の矯正の流れについて

子どもの矯正治療の流れとしては顎の成長を利用する「第1期矯正」と、永久歯が生えそろってから歯並びを整える「第2期矯正」に分けることができます。

第1期矯正(6歳~12歳)

顎の骨の成長を促す第1期矯正では、顎の骨がやわらかい時期に成長を利用し歯が並ぶスペースを確保するために顎を拡げる処置を行います。また、上下の顎にアンバランスがある場合(出っ歯や受け口等)には可能な限りバランスを整える処置を行います。

第2期矯正(12歳~成人)

顎の骨の成長が止まったあとに生えそろった永久歯の歯並びを整えるのが、第2期矯正です。成人矯正治療と同じ治療を行います。第1期矯正終了時のお子さんの歯並びの仕上がりを見て頂き、ご希望があれば第2期矯正を行います。顎のスペースが十分に確保できた場合は第2期矯正治療の期間を減らすことができたり、第2期矯正治療が不要になる場合があります。

子どもの矯正で使う矯正装置

拡大床

取り外し可能で、スクリューを少しずつ回して歯を動かしていく装置です。プレート(床)を装着して、歯を正しい位置へ移動し、あわせて顎の骨(歯の生えるスペース)の拡大を行います。シンプルながら子どもの矯正治療としてはとても効果的なので、よく使われています。だいたい小学校2年生前後から始め、1年~1年半程度装着するのが目安でしょう。

バイオネーター、ツインブロック、FKO

取り外し可能な矯正装置を着けて顎の成長を正しく促し、バランスを整えます。出っ歯や受け口、過蓋咬合の改善に有効です。

ヘッドギア

上顎の成長スピードが速かったり成長力が大きかったりすることが原因で出っ歯(上顎前突)になってしまう場合に、用います。取り外しができるので、使用は就寝時や自宅内で過ごすときで構いません。ヘッドギアは、上顎第一大臼歯から後ろ向きに力をかけて頭部から引っ張るようにして装着します。顎の成長をコントロールするのに有効です。

フェイシャルマスク

上顎の成長が正しく導かれなかった場合、受け口になることがあります。そこで、上顎をゴムで前に引っ張って正しい位置に誘導するマスクを装着します。ヘッドギアと同様に、取り外しができるので、使用は就寝時や自宅内で過ごすときで構いません。小学生低学年から始め、1~2年使用するのが目安です。